plantec プランテック

設計部 機械設計担当 主任 2016年入社

尾方 優士

YUSHI OGATA

理学部物理学科卒

入社して驚いたことは?

プランテックに入社してからは、驚きの連続でした。最初の驚きは、1年目の夏。シンガポールに建設する焼却プラントのプロジェクトに関わり、機器を調達する仕事でインドへ出張しました。まさか1年目で海外出張とは思いもよらず。数ヶ月後には、プラントの試運転でシンガポールにも3度ほど出張し、結局1年目の3分の1は海外で過ごしました。

2度目の驚きは、徳島の医療系廃棄物焼却プラントの建設プロジェクトで、初めて「設計主担当」を任されたこと。同型炉の改良型とはいえ、機器の配置や構造、荷重計算を1からやり直し、建設会社との調整、お客さまとの折衝にもあたり、実務の実質の責任者としてプロジェクト全体を差配する役目を担いました。

これだけでも十分ビックリなのに、実はまだ続きがあります。東南アジアで進む新しい焼却プラントのプロジェクトが設計段階に入り、私もサブのプロジェクトマネージャー(PM)として参加することになったのです。海外進出に力を入れるプランテックの将来にも影響する重要プロジェクト。まだまだ「若手」の私が、中核メンバーとして参加できるのは驚き以外の何ものでもありません。

プラントは、来年竣工予定。海外プロジェクトのモデルプラントになる国際競争力のあるプラントをつくることが私たちの使命です。驚くほど早くから大きな仕事を任され、プロジェクト全体の知識を幅広く吸収できるプランテック。「会社の歯車」は一人もいません。

一日のスケジュール

08:50
始業。メールチェック。
09:00
竣工間もないプラントの問い合わせに対応。
11:00
東南アジアのプロジェクトでシンガポール法人と打合せ。
12:00
昼食
13:00
東南アジアのプラントの設計図面を作成。
15:00
明日からの海外出張に備え、資料づくり。
17:30
事務処理後、終業。